マンション買取と仲介の違いは?それぞれのメリット・デメリットや業者の選び方も解説

買取と仲介の違いは?業者の選び方

マンションの売却には、「買取」と「仲介」の2つの方法があることをご存知でしょうか。

どちらも売却することには変わりないですが、相手が買取なのか、もしくは仲介なのかでそれぞれのメリット、デメリットがあります。大事なマンションを売却するにあたって、どちらの方法を選ぶべきかをよく考えてから行わないと後悔してしまうかもしれません。

そこで、この記事ではマンション買取と仲介の違い、それぞれのメリット・デメリットや不動産業者の選び方まで解説しています。

マンションの買取と仲介の違いとは?

買取と仲介の違いとは?

マンションの買取と仲介では、同じマンションの売却でも実は多くの違いがあります。

それぞれの特徴や違いを理解し、売却を進める前にどちらを利用するべきか検討しましょう。

以下から、買取と仲介の違いについてご紹介していきます。

マンションの買主(売り先)の違い

まず不動産を売却したいと思ったら、不動産会社に売却の依頼をすることからはじまります。

マンションの買取は、不動産会社が自ら買主となってマンションを購入します。そのため買取の場合は不動産会社から売買代金を受け取り、マンションの所有権は不動産会社へと移ります。

買取をした不動産会社は、マンションを購入してからリフォームなどを施し、商品として再販売をする、言わば仕入れ作業をするということになります。

不動産会社によって提示する買取価格が異なるので、買取の場合は複数者から買取価格の査定を受け、最も条件が良い不動産会社に売却するのが賢明です。

一方の仲介は、売却依頼を受けた不動産会社は仲介の立場となり、その不動産会社は買主を探します。流れとしては、売主と不動産会社で媒介契約を結び、その後不動産会社は買主を探すために販売活動を行い、晴れて買主がみつかったらその不動産会社は売主・買主間の仲介をすることになります。

不動産会社が不動産を直接購入するのが「買取」で、不動産会社が買主を探すのが「仲介」と覚えておきましょう。

売却価格の相場の違い

買取と仲介では、売却価格の相場の違いがあります。

売却価格の相場は仲介で行う売却の方が高く、買取の売却相場は、仲介での相場価格の7割程度です。

先ほどご説明したように、不動産会社が買取る目的は、リフォームなどを施した後に再販売して利益を得ることなので、一般市場の相場より安い価格で購入する必要があるからです。

仲介での売却であれば、買主は一般人のケースがほどんどのため、一般市場の相場価格で売却することが可能です。

売却までの時間の違い

仲介では、不動産会社と媒介契約を結んでから販売活動を行うため、実際に契約して引き渡しを行うまで3ヶ月〜半年程度の期間はかかるでしょう。

一方買取では、不動産会社に直接売却をするので買主を探す時間がかかりません。そのため、1〜2ヶ月程度で売却することが可能です。1週間程で売却できるケースもめずらしくありません。

買取でマンションを売却するメリット

買取でマンションを売却するメリット

ここまで、買取と仲介の違いについてご説明しました。

続いては、それぞれのメリットをご紹介します。

まずは、マンションの買取で売却するメリットからみていきましょう。

売却までの時間が短く、現金化が早い

買取によるマンションの売却は、仲介の場合よりも短い期間で完了します。

不動産買取業者の中には、スピード決済をセールスポイントにしているところも多く、最短3日で買取る業者も存在しています。買取では遅くとも1ヶ月~2ヶ月で決済が完了します。

そのため、マンションの売却によって得られる資金をすぐに使いたい、できるだけ早く現金化をしたいという人にとって、これは大きなメリットと言えるでしょう。

手元に入るお金が明確

マンション売却を仲介で依頼した場合、売却価格はあくまで査定価格として参考になるもので、実際には購入希望者との価格交渉などが行われるため、契約するまでは実際に手元に入ってくるお金は不明瞭です。

しかし、買取では不動産会社とのやりとりで売却金額が確定しているので、買取にかかった費用を引けば手元に入るお金が明確です。

そのため、必要な資金を調達したい場合や資金計画を立てたい場合はメリットを感じるでしょう。

契約不適合責任が無い

不動産売買には、売主が買主に対して負わなければならない「契約不適合責任」というものがあります。これは2020年の民法改正までは「瑕疵担保責任」と呼ばれていたものになります。

契約不適合とは、目的物がその種類や品質に関して契約の内容に適合しないことをいいます。つまり、目的物(不動産)に契約内容と異なる点があればそれは売主の責任となり、売主の負担で修補等の対応をしなければなりません。

たとえば、もし売却後に室内のシロアリ被害が発覚して、そのことを売主は知らなかったとしても一定の期間内であれば買主から損害賠償や補償費を請求されることになります。

通常の不動産売買では、売主はこの契約不適合責任を負うことになりますが、買主が不動産会社であれは契約不適合責任を免責にする場合がほとんどです。

つまり、買取の場合はこの契約不適合責任を負う必要がないのがメリットになります。

近所にバレずに売却できる

仲介での売却は、販売活動をするためにチラシやインターネットの広告媒体などに販売中の物件として公開されます。そのため、近所や知り合いにマンションを売却することがバレてしまう可能性があります。

ですが、買取の場合では不動産会社との直接のやりとりのみで完了するため、販売中の物件として公開されることはなく、近所にバレずに売却することが可能です。

内見者への対応がいらない

仲介でのマンション売却は、購入希望者が実際に室内を見学してから購入するかどうかを判断します。

現在使用していないマンションであれば特に問題ないかもしれませんが、まだそのマンションに住んでいる場合では、内見に対応する必要があります。買主が決まるまではその都度内見の対応をしなければならないので負担がかかるでしょう。

買取では、不動産会社が1度室内を確認するだけなので、このような内見対応は不要です。不動産会社との日程調整だけで済むので、負担が軽いというメリットが考えられます。

仲介手数料が不要

仲介で不動産会社に依頼する場合、マンションの売却が完了すると報酬として不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。例えば1000万円のマンション売却であれば仲介手数料は約40万円です。

一方の買取では、仲介ではなく直接買い取る方法なので仲介手数料はかかりません。

買取でマンションを売却するデメリット

買取でマンションを売却するデメリット

買取でのマンション売却のデメリットは、売却価格が低くなるという点です。

先述したように、不動産会社が買い取ったマンションはリフォームなどをし、再販売を行います。

リフォーム費用をかけて再販売することで利益を得るため、リフォーム費用と再販売で得る利益を考慮して、買取価格を算出することになります。

そのため、買取価格は仲介で売却する相場価格よりも低い金額となり、一般市場価格の7〜8割程度の金額になります。

買取に向いているマンションの特徴

買取に向いているマンションの特徴

ここまで買取の場合のメリット・デメリットをご紹介しましたが、ここでは買取に向いているマンションの特徴とはどのようなものなのかご紹介します。

買取に向いているマンション
  • 築年数が古い物件
  • 室内の状態が悪い物件
  • 事故物件

築年数が古い物件や、室内の状態が悪くリフォームをする必要がある物件は買主を見つけることが難しいので、仲介での売却を選択しても長期間売れない可能性が高いです。

また、室内で事件や自殺等があったなどのいわゆる事故物件である場合、買主を見つけることは非常に困難になるでしょう。

買取であれば、上記3点に該当する場合でも買取り可能な不動産会社も存在するので、1つでも当てはまる物件であれば買取が向いているでしょう。

仲介でマンションを売却するメリット

仲介でマンションを売却するメリット

続いては、仲介でマンションを売却するメリットについてみていきましょう。

売却価格が買取よりも高い

仲介でのマンション売却において最大のメリットとは、何といっても市場価格で売却ができる、つまり買取よりも高い価格で売れるということです。

売れるまで時間がかかってしまうというリスクもありますが、特に売却期限を設けていないのであれば問題ないでしょう。

仲介でマンションを売却するデメリット

仲介でマンションを売却するデメリット

仲介でマンションを売却するデメリットは、売却価格と売却時期が不明瞭であるという点です。

不動産会社が出した査定価格がそのまま売却価格になるわけではありません。その査定額をもとに売主が売却希望価格を決め、不動産会社が販売活動を始めますが、そのまま売主の希望価格で売れるかどうかはわかりません。購入希望者との価格交渉が入ることもあれば、希望価格で購入希望者が現れなければ値下げをしていく必要があります。

また、仲介でのマンション売却であれば、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があるというのもデメリットでしょう。

先ほどいくつかご紹介した、買取でマンションを売却するメリットの反対が、仲介でマンションを売却するデメリットになるイメージです。

仲介に向いているマンションの特徴

仲介に向いているマンションの特徴

仲介に向いているマンションの特徴は、ひとことで言えば購入希望者が集まりやすいであろうマンションです。

仲介に向いているマンション
  • 築年数が新しい
  • 立地が良い(駅から近いなど)
  • 周辺の生活施設が整っている

購入希望者が集まりやすいマンションとは、築年数が新しい物件や立地条件が良い物件のことです。

駅までの距離が近かったり、交通アクセスが便利な立地や、周辺にスーパーやコンビニなどの生活施設が揃っていれば購入希望者が集まりやすいでしょう。

上記の中から1点でも当てはまっていれば、仲介での売却にチャレンジすることをおすすめします。

仲介では購入希望者が現れなければ売却することはできませんが、人気がありそうなマンションであれば高く売れる仲介での売却を選択した方が良いでしょう。

マンションを売却するときの業者選びのコツ

不動産業者選びのコツ

最後に、マンション売却時の業者選びのコツをご紹介します。

マンションを売却するとき、買取の場合は買取業務を行っている業者、仲介の場合は仲介業務を行っている業者に依頼をします。

買取と仲介では売却方法が異なりますが、業者選びのコツは共通している部分があるのでぜひ参考にしてください。

査定は1社だけではなく複数の会社に依頼する

不動産業者に査定を依頼する際、1社だけではなく複数の会社に査定を依頼しましょう。不動産会社によって査定の方法が違うので、査定結果に差が生じるためです。

買取の場合は、査定価格がそのまま売却価格となるので、複数の会社に査定してもらうことによって一番高い買取をしてくれる業者を選択することができるので、後からもっと高く売れたかもと後悔しなくて済みます。

仲介の場合では、査定価格で売却できる確約があるわけではないので参考程度として考えるべきですが、査定時に担当の人の知識や会社の対応がしっかりしているかといった業者の見定めもできるので、是非複数の会社にお問い合わせをしてみてください。

買取保証がある業者の利用を検討

買取を専門にしている不動産会社以外にも、買取業務と仲介業務を両方行っている不動産会社もいます。

仲介業務と買取業務を兼ねる不動産会社の場合、「買取保証」という方法でマンションを売却することもできます。

買取保証とは、はじめは仲介での売却方法で販売活動を行うのですが、一定期間経過しても買主が見つからなかった場合、契約時に定めた金額で不動産会社が買取を行うというものです。

この方法は決まった期間までには売却したいけれど、できれば高くマンションを売りたいという場合にぜひ利用したいサービスです。

売却希望時期までに少しでも余裕がある場合は、買取保証を行っている不動産会社を選択するのも良いでしょう。

まとめ

マンションの売却には、「仲介」と「買取」による方法があります。「仲介」と「買取」にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、理解したうえで選びましょう。

買取によるマンションの売却は、現金化までの時間が短いというのが最大のメリットですが、売れるまでの時間よりも価格を優先したいのであれば、買取よりも高い金額で売れる仲介の方法を選択してください。

ご自身の状況にあわせて、どちらの方法を選択するべきかしっかりと検討すると良いでしょう。

不動産買取とは?仲介との違いや買取業者の選び方について解説

不動産買取とは?仲介との違い・買取業者の選び方

不動産を売却するには、「仲介」という不動産会社に依頼して買い手を見つけてもらう方法と、「買取」という不動産会社が直接買い取る方法の2つがあります。

これだけ聞いても、誰に売るかが違うだけで、自分がどっちを選べば良いのかわからないという人が大半でしょう。

そこで、この記事では仲介と買取の違い、買取のメリットやデメリットの説明に加えて、状況に応じて買取と仲介のどちらに向いているのかを解説していくのでぜひ参考にしてください。

不動産買取と仲介の違い

不動産買取と仲介の違い

不動産売却の方法として一般的に行われているのは「仲介」の方です。

仲介では、売主と買主の間に不動産会社が仲介として入り、売買契約を取りまとめます。売主は不動産会社と媒介契約を結べは、広告や内見対応などの販売活動を不動産会社が行ってくれます。

一方、「買取」では、不動産会社が売主と買主を仲介するのではなく、不動産会社自身が買主となり、物件を買取ります。売主は不動産会社と直接売買価格などを交渉し、条件がまとまればすぐに契約に進めることが可能です。

つまり、買取では購入者を探す必要がないため、売却して現金を手に入れるまでの期間が短いのが特徴です。

買取の種類

買取方法は2種類ある

買取には「即時買取」と「買取保証」の2つの種類があるので、それぞれどんな内容なのかみていきましょう。

即時買取

即時買取とは、交渉によって買取額が決まった後すぐに不動産会社が買取をするというもので、早ければ3日〜1週間、時間がかかった場合でも1ヶ月以内に売却ができるという、とてもスピーディーな買取方法です。

もちろん物件の価格査定は行われますが、訪問査定1回で済むケースが多く、売主にとっても手間がほとんどありません。

買取価格に合意さえすれば現金化までの時間がとても短く、すぐにまとまったお金が欲しいという人に向いている買取方法となっています。

しかし、この方法はスピード重視なので価格は軽視されており、市場価格の1〜3割程度安い価格での買取になることが一般的です。

買取保証

買取保証とは、先ほどの即時買取と仲介が合わさったような内容の取引です。

まず最初に、仲介を目的とした販売活動を一定期間行い、その間に契約が決まらなかった場合は不動産会社が契約時に決めた価格で買取をするという流れの買取方法になります。

一般的な物件の仲介では、実際に購入希望者が見つかって売買が決まるまで数ヶ月〜半年ほど、もしくはそれ以上の時間がかかってしまいます。

ですが、この買取保証では、仲介で売却ができる可能性も残しつつ、希望の時期までに購入者が見つからなかったとしても最終的には不動産会社の買取によって現金を調達することができるというメリットがあります。

買取保証での仲介期間は基本的に3ヶ月となっていて、市場価格で売れる可能性を無くさないというのが最大の魅力でしょう。

不動産買取のメリットって?

不動産買取のメリット

不動産買取にはいくつかのメリットがあります。ひとつずつ解説するので確認していきましょう。

仲介手数料がかからない

通常、不動産を不動産会社の仲介で売却すると仲介手数料がかかります。この仲介手数料は、売買価格が400万円以上の不動産の場合は「3%+6万円+消費税」が上限となっています。

例えば、2,000万円の物件であれば2,000万円×3%+6万円+消費税で「67.8万円」が仲介手数料となってしまいます。

一方、買取では仲介手数料がかかりません。なぜなら不動産会社が直接の買主となるため、「仲介」にはならないからです。

では不動産会社はどこで利益を得るのかというと、購入した物件にリフォームなどを施して物件価値を向上させ、再度販売をすることによって利益を上げるという仕組みになっています。

スピード現金化

買取は購入希望者が登場するのを待っているという時間がないので、最短3日ほどで現金化できるという大きな魅力があります。

買取で交渉がまとまり、契約、登記などの手続きが終わればすぐに買取金額を入手することが可能です。スピード重視という方にはお勧めですが、急ぎではないという人にはむしろ向いていないので注意しましょう。

契約不適合責任の免除

不動産の売買では、通常、売却後の一定期間内にもし物件の欠陥が発見された場合は売主の責任で補修の対応をすることになります。これを契約不適合責任といいます。

しかし、不動産買取の場合では、買主が不動産業者となるため、契約不適合責任が免除されます。もし売却した不動産になにか問題があったら・・という心配をする必要はありません。

近所バレしない

不動産会社の仲介で売却をする場合、周辺地域などにチラシを配るなどの販促活動が行われます。他にも見学会を開催することもあるでしょう。

どちらも実施しないでほしいとお願いすることもできますが、それでは購入希望者が見つかりにくくなってしまいます。

このように仲介では、販売活動によって物件を売却することが近所にバレてしまう可能性が高くなりますが、買取の場合は近所にバレることなく、売却を終えることが可能です。

不動産買取のデメリット

不動産買取のデメリット

不動産買取にはメリットがいくつかありましたが、当然デメリットも存在しています。

ここからデメリットも1つずつみていきましょう。

市場価格よりも1~3割安い買取価格

不動産買取による方法では、売却価格は市場価格より1~3割程安くなるのが一般的です。これは仲介手数料ということではなく、買取をした後にリフォーム費用などの経費がかかるためです。

また、買取額より高く物件を再販売しなければ不動産会社の利益が確保できないので、利益を見越した価格で買い取る必要があるため、本来の市場価格より安く買い取ることになります。

不利になりやすい条件がある

一般的に、買取は築年数の経った古い物件ほど向いていると言われています。不動産会社により買い取られた物件はリフォームやリノベーションをされて再販売されますが、築年数が浅く綺麗な物件であればリフォームしなくとも売却することができるので、単純に不動産会社の利益分だけを乗せて再販売することになります。そのような場合であれば仲介で売却した方が良いでしょう。

不動産買取業者の選び方

不動産買取業者の選び方

不動産買取業者は全国に数え切れないほど存在していますが、どの業者が良いかを適切に選ぶのはなかなか困難です。

そこで、ここからは初めて不動産を売却する方でもできる不動産買取業者の正しい選び方をご紹介します。

物件の査定金額が高い会社を選ぶ

不動産買取の場合、査定価格がそのまま買取価格ということになるので、査定金額を第一に不動産会社を選ぶというのも1つの賢い選び方です。

査定金額は過去の成約物件の事例などをもとに算出しますが、会社によって査定金額は当然異なります。

そのため、不動産の買取を希望する場合、1社だけに査定を依頼するのではなく、まずは複数の会社に査定依頼をして買取価格比較することが重要です。

価格交渉に応じてくれる会社を選ぶ

「価格交渉に応じてくれる」不動産会社を選ぶようにしましょう。

まずは自分が売却したい不動産のアピールポイントをしっかりと会社に伝えられるようにして、魅力に思ってもらうことが大事です。

どのような対応をしてくれるのか、耳を傾けてくれるのかなど、親身に寄り添って取引をしてくれる会社か見極めましょう。

企業の利益しか考えていないと感じたら利用は控えた方が良いでしょう。

買取実績が豊富、評判のよい会社を選ぶ

今の時代はほとんどの不動産会社が自社のホームページを持っているので、ホームページ内に不動産の買取実績や売却実績を掲載していることも多いでしょう。

また、インターネットで会社名を検索すると買取を依頼した売主の口コミなどが掲載されていることもあります。

大切なのはその地域における買取実績が豊富かどうかをチェックすることです。

買取実績についてホームページに載せていない不動産会社は、実績が少ない可能性があります。

不動産買取に失敗しないポイント

不動産買取に失敗しないポイント

続いては、売却方法で不動産買取を選ぶときに失敗しないためのポイントをご紹介します。

事前に周辺地域の不動産状況を調べる

周辺の地域の不動産状況を調べて把握しておきましょう。

将来その地域で行われる開発で駅が改修されたり、新駅設置や新路線の開通、というように利便性が上がる見込みがある場合は、不動産の価値も上がる可能性が高く、駅ビルや商業施設の建築などもある場合は売却するタイミングを見計らった方が良いでしょう。

周辺で売り出されている物件で、売却する物件と似たような広さ、エリアだった場合はおおよそ査定金額は同じなので、その金額から1〜3割ほど引いたのが買取金額の目安の価格になります。

この買取金額の目安について知っていれば、査定金額について正当なものなのか、あまりにも低いのか、むしろ高い金額になっているのかというのを自分で判断することができます。

複数の会社に査定を依頼する

2つ目のポイントは、複数の不動産買取業者に物件の査定を依頼するということです。不動産買取の場合は、査定金額とほぼ同じ金額が買取金額になるので、特に高い買取金額を出してくれる会社探しが大事になります。

査定方法は不動産買取会社によって基準が異なるため、会社によって買取金額が違います。比較検討をするためにも、1社ではなく複数の会社に査定を依頼しましょう。

急ぎで売却したい場合、数社に依頼するのは時間がかかって大変かもしれませんが、時間があるのであれば多少の手間をかけてでも高く買取ってもらうため、出来るだけ多くの会社に査定をしてもらうのが良いでしょう。

また、たくさんの会社に査定を依頼するのは面倒だという方は、一括査定サイトを活用すれば一括で複数社に査定を依頼できるのでおすすめです。

最後に

不動産を売却するということは、人生において何度もあることではありません。

自分に合った売却方法かつ、一番納得のいく不動産会社を利用するためには、今回ご紹介した内容が役に立つと思います。

今回ご紹介した内容を参考にして不動産売却に後悔しないよう、慎重に不動産会社を選んで利用しましょう。